目的・規約 

土浦平和の会のめざすところ

土浦平和の会は日本と世界の平和を願う人たちによって1994年結成されました。
活動状況は平和の会ニュースでお知らせしてきました。今年16年目です。
会のニュースは2008年10月で No200になりましたが、「15年間の記録」としてNo.1、No.2、
No.3が刊行されています。
いま教育基本法改悪、「憲法改正」など、平和に取って危険な動きがにわかに強まっているとき、土浦平
和の会は平和を愛する土浦の市民とともに、全国の仲間たちと連帯してたたかっていきます。
土浦市でも憲法九条を守るための連絡会が結成されました。この会を大きく育て、市民の声が国政に届く
よう力をあわせていきましょう。

土浦平和の会規約

総則

1、名称 この会は土浦平和の会と称し、土浦市内に事務所をおきます。
2、目的 この会はあらゆる人々の平和の願いをもとにし、戦争と侵略の政策、 他民族支配に反
対し、日本と世界の平和の確立に寄与することを目的 とします。
3、事業 この目的を実現するために、つぎのような事業を行います。
平和のために広く市民に呼びかけて、会員を拡大し、あらゆる必要な行動をおこな
います。
茨城県平和委員会に加盟し、その提起する課題をともに取り組みます。
「平和新聞」と雑誌「平和運動」を広めます。
思想、信条の違いを越えて、平和のために活動する県内のあらゆる団体、個人と協力
します。
4、会員 この会の規約に賛同し、会費を納める人は会員になれます。
組織・運営
1、大会 この会は年1回大会を開き、運動のすすめかた、役員、予算を決めます。
必要に応じて 臨時大会を開くことができます。
2、役員 この会につぎの役員を置きます。
理事 若干名 事務局長 1名 会計監査 2名
3、理事会 理事、事務局長をもって理事会を構成し、大会から大会までの運営に責任を持ち
ます。理事の中から互選で代表理事を選び、代表理事がこの会を代表するとともに、
理事会の招集をおこないます。
財政
1、この会の財政は会費、事業収入、寄付でまかないます。
2、会費は月額500円とします。
3、会計年度は4月から3月末までとします。
4、理事の中から互選で会計係を選び、会計係が会の会計に責任を持ちます。

付則

1、この会の規約の改正は大会でおこないます。
2、この規約は1994年4月30日から施行します。
3、大会は当分の間総会として、会員のだれでも発言し、議案の採決に参加できます。


活動の記録

土浦平和の会紹介


目的・規約 

写真による行動の記録

                                
       見学の旅アルバム  


       平和の旅アルバム  


    平和の会の20年   heiwa20nen.pdf



   総会議案  2013soukai.pdf

inserted by FC2 system